Happy Kitchen ~ はつこのつぶつぶクッキング~材料は100%植物性!簡単おいしいだけでなく、見た目もカラフルで楽しく創造的雑穀料理「つぶつぶ」の無限の可能性にはまり、パーティーや料理教室を開催。得意のハーブやスパイスなどもアクセントに日々新しいレシピを楽しんでます♬ 

このページの記事目次 (カテゴリー: 子育て

← 前のページ  total 3 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://happytubutubu.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

こどもの想像力

   ↑  2013/01/25 (金)  カテゴリー: 子育て
昨日は、お昼つぶつぶパスタランチを食べてから、

「つぶつぶ未来食」DVD公開講座を開催しました。

参加者は3名、つぶつぶ料理を食べるのがはじめての方もいらっしゃいました。

メニューは
「アマランサスパスタ」
「高きびトマトソースパスタ」の2種類に
「蒸し玉ねぎの味噌マスタード和え」
「ニンジンとキヌアのスープ」

DSC_0776.jpg

特にアマランサスパスタは好評で、「言われなかったらタラコパスタかと思っちゃう」とのこと。

それもそのはず、昨日は本当に上手にアマランサスが炊けたんです

アマランサスは他の雑穀と違って結構炊くのが難しいんですよ。
上手に炊けないとザラザラで、美味しくない。
上手に炊けるとモッチモチで美味しい

お鍋をあけて木べらをいれ持ち上げた瞬間もちっとしていたときの感動といったらありません。

そして、小さいお子さんもいたので、DVD上映中私はベビーシッターに

場になれるのがちょっと苦手とおしゃっていたお子さんも、一緒に楽しく遊び、
最後は帰りたくない様子。

自分は子供があまり好きではないと思っていたけど、最近はちょっと変わったかも。
これについてはまた今度書きますね。

そして夕方からは、ニューヨークでアートセラピーをしている叔母の折り紙講座!
彼女は折り紙を使ってセラピーもやっているんですよ。

子供達は折り方を教わった後は、もう自分たちの創造の泉がコンコンと湧き出て、
素晴らしい作品たちができました。

子供の集中力はすごくて、「夕食にするよ」というまでその手は止まりませんでした。

ちょっと大人がキッカケを作って一緒に過ごす時間を作れば、
子供は自分でひとりでも遊ぶんだな~と感じました。

折り紙教室
娘の大作です。ベッドもかわいくできました

(記事編集) http://happytubutubu.blog.fc2.com/blog-entry-87.html

2013/01/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

いじめについて

   ↑  2012/10/04 (木)  カテゴリー: 子育て
前回から随分たってしまいましたね。

今日は、先日の「NPO法人日本冒険遊び場づくり協会理事」の天野秀昭さんのお話の続きです。
(前回の「遊びの大切さ」についてはコチラ>>★★★

「いじめ」の問題は今社会問題ですが、天野さんは

「いじめは人間の尊厳を取り戻すためにおこなっている」とおしゃっていました。

まさに!!!と思いました。

っていくことは、「いじめ」が増えるということは、自分の尊厳を見失っている子供が多いということ。

前回書きましたが、今は「うるさくて、汚くて、危ない」という子供の本質を認められない、子供が子供として生きられない社会なんですよね。
だから、子供も自分の尊厳・価値を見いだせないでいるんだろうな。。。。

でも、待てよ。これは大人にも言えるんじゃない。
っていか、自分の尊厳や価値を見いだせない大人も多いんじゃないか?!

だから、そんな大人が自分の尊厳を取り戻すために、子供をコントロールしようとしたり、
子供の尊厳を認めてあげない、という形で「いじめ」を行っているんじゃないかと。。。

「いじめ」は現代社会の構造のゆがみだとか、色々と言われていますが、
社会システムを変えるのは一昼夜ではいきません。

でも、私たち大人の意識は今スグにでも変えることできますよね。

きっと、我々大人が、自分の中に眠っている「光」を見つけだし、自分を愛し、
今の幸せを再認識して感謝することでが、「いじめ」問題を解決する近道なのかな。

そんなためにも、今「つぶつぶマザー」になるために修行中です。

そして、来年には、多くの人に自分の中に眠っている素晴らしい「光」を見つけだし、尊厳を取り戻すお手伝いをするセミナーを自分自身で開催しますので、よろしく!!


(記事編集) http://happytubutubu.blog.fc2.com/blog-entry-48.html

2012/10/04 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

遊びの大切さ

   ↑  2012/09/26 (水)  カテゴリー: 子育て
先週末、世田谷こどもいのちのネットワーク主催の「震災と子供を考える特別学習会」に行ってきました。

この学習会を知ったのも偶然で、その日の午前中に行われた、
保坂展人世田谷区長を囲む子育てについての会に参加していたら、
参加者の中にこの学習会の主催者の方がいらっしゃり、この会が同日午後行われることを知ったのです。

で、報告者が「NPO法人日本冒険遊び場づくり協会理事」の天野秀昭さんだったので、参加することに。

天野さんは、日本発のプレーリーダー!

近所の「はるのおがわプレーパーク」でプレーリーダーに親子でお世話になっていたし、
遊び場の大切さを常に感じていたので、うれしい誤算でした

お話は、阪神淡路大震災と東日本大震災においての、遊びを通しての子供たちの再生について。
素晴らしいお話でした。

「子供は自分自身で癒す力をもっている」そして子供は「遊びを通してそれを行っている」

震災後、3か月ごろから子供たちは、地震ごっこや津波ごっこを始める。
これは、自分に起きた理解不能なことを「ごっこ遊び」をすることで、
コントロールできることに置き換えているのだそう。

こうやって子供は遊びを通して自分自身を癒しているのだと。

だから、その時大人が「そんな不謹慎な遊びするんじゃない」などといって禁止しないことも大事!

そんな話を聞いて、ふっと思い出したのが、
そういえば、娘が小さいとき、残酷な昔話がなんとなく嫌で、結末を変えて話したりしてたっけ。。。って

でも、そんなのは大人の余計なお世話だったんだなと、反省。
今思うと何でそんなことしたんだろう、と不思議にさえ思う。

たぶん私自身の精神状態が不安定で、自分が残酷な結末を耐えられなかっただけなんだよね、きっと。

今ではそんなことをしていた自分が信じられませんが。。。

子供は「危なくて」「汚くて」「うるさい」もの
これらを禁止することは「子供」であることを禁止することと同じ、
今の社会は子供が子供でいられなくなっていると。。

耳が痛いですね。

未来を担う子供が健やかに育つためには、
子供時代に思いっきり子供らしくいられる世の中をつくっていかなくては。

「今、少子化ってみんな言いますけど、子供からみれば『多大化』なんですよ」

これは目からウロコの発想でした。

そうだよね。子供は大人ばっかで息苦しいよね。

天野さんのお話は本当に「遊び」の大切さだけでなく、大人のあり方も考えさせられるものでした。

まだ、もうひとつ「いじめ」についても気づきがあったのでそれは次回のブログで。。。。

被災地の遊び場についてのもっと詳しく知りたい方はコチラ>>>☆☆☆

(記事編集) http://happytubutubu.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

2012/09/26 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

娘の絵

   ↑  2012/07/13 (金)  カテゴリー: 子育て
何だか全体は蕗の薹のような、中はアジサイのような何とも言えない素敵なお花が書けました。

やっぱり子どもの感性は素晴らしいですね

先日娘と一緒に久しぶりに大きな画用紙に、水彩絵の具で絵を書きました。
すごく、楽しかった。

何かを表現するって気持ちいいよね。

時々また絵を書きたいなと思いました

(記事編集) http://happytubutubu.blog.fc2.com/blog-entry-29.html

2012/07/13 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

給食

   ↑  2012/07/03 (火)  カテゴリー: 子育て
娘は小学校2年生。
家では、数年前から「つぶつぶ料理」で動物性のものは殆ど食卓にあがりませんが、
学校では普通に給食を食べています。
しかも、残さずモリモリ食べています

でも、そのおかげか、今まで食べなかったものにどんどんチャレンジするようになりました。

特に、何が入っているか分からないようなものにはあまり手を伸ばさない子でしたが、
やはり、給食はみんなで食べるから、何でも食べてみようとするチャレンジ精神がついたのか。。

嬉しいことに、つぶつぶ料理も一定のものしか喜んで口にはしなかったのが、
ここ最近は、色んな料理を食べ、しかも美味しいとリクエストするまでに。

雑穀の美味しさも分かってきたのか、先日のもちあわチーズのピザも、
もちあわとトマトソースのかかったところばかり食べていました。

思えば、小学校に入学したときは、放射能のことなどもあり、
「学校給食をやめてお弁当を持たせたい」とまで考えた私でしたが、
今では給食に感謝しています。

今後、動物性食品を毎日食べることが辛いということが、
子供の口から出たときには、お弁当を持たせることを学校に申し出てみようかと思います。

何事もガチガチにやるのはよくないよな。
ゆる~く、気楽にやれば長続きもするし、楽しいよね

(記事編集) http://happytubutubu.blog.fc2.com/blog-entry-25.html

2012/07/03 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。