Happy Kitchen ~ はつこのつぶつぶクッキング~材料は100%植物性!簡単おいしいだけでなく、見た目もカラフルで楽しく創造的雑穀料理「つぶつぶ」の無限の可能性にはまり、パーティーや料理教室を開催。得意のハーブやスパイスなどもアクセントに日々新しいレシピを楽しんでます♬ 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://happytubutubu.blog.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

遊びの大切さ

   ↑  2012/09/26 (水)  カテゴリー: 子育て
先週末、世田谷こどもいのちのネットワーク主催の「震災と子供を考える特別学習会」に行ってきました。

この学習会を知ったのも偶然で、その日の午前中に行われた、
保坂展人世田谷区長を囲む子育てについての会に参加していたら、
参加者の中にこの学習会の主催者の方がいらっしゃり、この会が同日午後行われることを知ったのです。

で、報告者が「NPO法人日本冒険遊び場づくり協会理事」の天野秀昭さんだったので、参加することに。

天野さんは、日本発のプレーリーダー!

近所の「はるのおがわプレーパーク」でプレーリーダーに親子でお世話になっていたし、
遊び場の大切さを常に感じていたので、うれしい誤算でした

お話は、阪神淡路大震災と東日本大震災においての、遊びを通しての子供たちの再生について。
素晴らしいお話でした。

「子供は自分自身で癒す力をもっている」そして子供は「遊びを通してそれを行っている」

震災後、3か月ごろから子供たちは、地震ごっこや津波ごっこを始める。
これは、自分に起きた理解不能なことを「ごっこ遊び」をすることで、
コントロールできることに置き換えているのだそう。

こうやって子供は遊びを通して自分自身を癒しているのだと。

だから、その時大人が「そんな不謹慎な遊びするんじゃない」などといって禁止しないことも大事!

そんな話を聞いて、ふっと思い出したのが、
そういえば、娘が小さいとき、残酷な昔話がなんとなく嫌で、結末を変えて話したりしてたっけ。。。って

でも、そんなのは大人の余計なお世話だったんだなと、反省。
今思うと何でそんなことしたんだろう、と不思議にさえ思う。

たぶん私自身の精神状態が不安定で、自分が残酷な結末を耐えられなかっただけなんだよね、きっと。

今ではそんなことをしていた自分が信じられませんが。。。

子供は「危なくて」「汚くて」「うるさい」もの
これらを禁止することは「子供」であることを禁止することと同じ、
今の社会は子供が子供でいられなくなっていると。。

耳が痛いですね。

未来を担う子供が健やかに育つためには、
子供時代に思いっきり子供らしくいられる世の中をつくっていかなくては。

「今、少子化ってみんな言いますけど、子供からみれば『多大化』なんですよ」

これは目からウロコの発想でした。

そうだよね。子供は大人ばっかで息苦しいよね。

天野さんのお話は本当に「遊び」の大切さだけでなく、大人のあり方も考えさせられるものでした。

まだ、もうひとつ「いじめ」についても気づきがあったのでそれは次回のブログで。。。。

被災地の遊び場についてのもっと詳しく知りたい方はコチラ>>>☆☆☆
スポンサーサイト

(記事編集) http://happytubutubu.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

2012/09/26 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : いじめについて
この前の記事 : Happy Kitchen 10月の予定

Comment

コメントを投稿する 記事: 遊びの大切さ

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : いじめについて
この前の記事 : Happy Kitchen 10月の予定
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。